2011年08月30日

iPhoneとAndroidのユーザーエージェントの判定方法

企業のホームページ、WEBサイトのスマートフォン対応化が急がれています。
無線LANの環境も職場や自宅で整いつつあり、スマートフォン経由でのネットサーフィンが急増しているからでしょう。

今後のスマートフォン対応は必ずといっていいほど行っておく必要があります。

それが出来ない場合はなるべくデータ容量の軽いWEBサイトを構築しておく必要があります!

PHPでiPhoneとAndroidのユーザーエージェントの判定方法、スマートフォンを判別していく方法をご参考までに。

様々な方法がありますが、とりあえずこのくらいで充分でしょう!

ユーザーエージェントを判定し判断するプログラム、コードは多くありますし、携帯電話の判別と似てますので、参考までに。

スマホ関連のユーザーエージェントはコチラです。

'iPhone', // Apple iPhone
'iPod', // Apple iPod touch
'Android', // 1.5+ Android
'dream', // Pre 1.5 Android
'CUPCAKE', // 1.5+ Android
'blackberry', // blackberry
'incognito', // Other iPhone browser
'webmate' // Other iPhone browser

一応、参考までに。
現在利用しているユーザーエージェントにiPhoneやAndroidを追加するだけでも大丈夫ですね!

$ua=$_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];

if((strpos($ua,’iPhone’)!==false)||(strpos($ua,’iPod’)!==false)||(strpos($ua,’Android’)!==false)) {

PCならAへ
iPhoneならBへ
AndroidならCへ
携帯電話ならDへ

など、今後はパソコンでの閲覧、スマートフォンでの閲覧、携帯電話での閲覧にデザインを用意した上でユーザーエージェントで判別していく必要がありますね。

HTML5もお忘れなく。

今後の主流になりそうです。

web creators特別号 HTML5+CSS3 次世代Webコーディングの超・最新動向 (インプレスムック エムディエヌ・ムック) [ムック]


HTML5+CSS3で作る 魅せるiPhoneサイト iPhone/iPad/iPod touch対応 [単行本(ソフトカバー)]


HTML5&CSS3辞典 [単行本(ソフトカバー)]





posted by WEBプログラム at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

PHP4からPHP5への変更時に注意すべき点は!?

バージョン間の互換性が悪いと言われるPHPですが、PHP4.1.2からPHP5でも、意外と動作しました。。。

但し!

個人的には様々なエラーも経験しています。

それは

GET、POSTなどのINPUTフォームを利用した際に利用するデータの受け渡しの部分です。この部分やしっかり処理する方のプログラムで対応してやる必要がありますので、注意が必要です。

また、PHP5へのアップグレードに伴いMYSQLもアップグレードになる場合が多いですが、一般的なレンタルサーバーで利用しているPHP5、MYSQL4又はMYSQL5の場合、文字コードの標準設定がEUCでもShiftJISでもなくなり、UTF-8である場合が多いようです。

PHP4やMYSQLの設定をShiftJISだったり、EUC-JPにしている場合は、UTF-8にプログラム等の文字コードを保存しなおす必要がありますね。またHTML表示の場合のHEAD内の文字設定部分も変更が必要です。

更に!PHPでメール送信をしている場合は、メール送信部分の文字コード部分もUTF8対応にコードの変更をしてあげましょう。

その他、正規表現部分や置換の部分ではPHP5で使えなくなっている場合もありますので、取り急ぎPHP5のテストサーバか、別途PHP5をインストールするなどして、チェックしてみる必要がありますね。



PHP4→PHP5移行ガイド いまこそPHP資産をマイグレーション [PHP徹底攻略シリーズ] (PHP徹底攻略シリーズ)
橋本 英勝 (著)
桑村 潤 (著)
三宅 泰裕 (著)
posted by WEBプログラム at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

PHP5をマスターする良書ランキング!逆引きサンプルを活用する!

PHP5はPHP4と少し違い、オブジェクト志向、クラス・ライブラリ・パーツ化等が進んでいますので、コードやコーディングのコツを覚える為にも少々勉強が必要かもしれません。逆引きのサンプルやリファレンスも役に立ちますので、数冊を購入して手元においておくと便利ですよ♪

ネット上でも検索できるのですが、やはりプログラムだけでなく、何事も勉強には辞書というか、教科書、リファレンスが必要です!

ご参考までにご紹介しておきます♪

PHPによるWebアプリケーションスーパーサンプル
サンプルが豊富です。まずは基本を大事にできる一冊です。また色々なテクニックを盗めます。
PHPスクリプティングの決定版サンプル集が最新のPHP5に対応して登場。実用的なサンプルを自力で動かす感動を通して、PHPの使い方や実装方法が自然と身に付きます。付録CD-ROMにはWebサーバなど関連ツールもすべて収録。


PHP 逆引きレシピ (PROGRAMMER’S RECiPE)
プログラムも料理も・・・やっぱり基本どおりのレシピが大事です。基本のレシピを知れば応用力もついていきます。PHP言語を日々の実践の場で利用している方々へ贈る、必須のレシピ集。


初めてのPHP5 オライリージャパン
『初めてのPHP5』は、動的なWebサイトを構築するためのPHPプログラミングの基本を解説する書籍です。ちょっととっつきにくいオライリージャパン本。実際には辞書、リファレンスの役割で充分かな?ただ、基本からしっかりとPHP5を学びたい方には手元にあると安心の一冊です。


PEAR入門 PHP標準ライブラリを極める!
定番クラス・ライブラリPEARを使えば手打ちでゴリゴリ構築するよりも楽に構築できています!PEAR(PHP Extension and Application Repository)とは、PHPを拡張するクラス・ライブラリです。多様化、複雑化が進むPHPを使ったウェブ開発においてクラス・ライブラリの活用テクニックをマスターすることは、能率やクオリティに直結するといっても過言ではありません。そこで本書では、PEARのインストール、導入方法を紹介すると共に、主要な使えるライブラリと共に丁寧に解説していきます。PHPユーザー、ウェブ開発者にとって必須の1冊です。
辞書代わりに手元に置いておきたい一冊です。


プログラミングをする人にとって、指南本、リファレンス本、コードサンプル本はとっても大事です。ただ、やはり基本から応用を活かす為にも手打ちでじっくり自分で試してみる必要があります!

高いお金を掛けなくても自分でしっかりと応用力をつけたいかたは是非ともチャレンジしてみましょう♪
posted by WEBプログラム at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。