2011年08月24日

広告にお金を払えないと一生売れない。

今回はWEBプログラムには関係ないのですが。。。WEBプログラムってゲームやらSNS系、ベンダー系のシステム、管理・小売系に分かれると思いますが、プログラムは開発研究だからといって、その成果物を販売する、売るということにまで頭をまわしていない限りよいものを作っても意味がないんですね。

最強のプログラマーとは素晴らしいシステムや仕組みを構築する能力に加えて、その成果物を広く一般の方々に知らしめて販売させる能力だと思っています。

であればWEBプログラマーこそ、WEB上のマーケティング・・・SEOだったり、SEMだったり、SNSの活用による見込み客誘導のノウハウのことも知っておく方が良いでしょう。

いつまでもプログラマーやディレクターでいるよりもプログラミングやディレクション能力を土台にして営業の方も活かしたりする方が今後の自分のキャリアのためになりますね!




posted by WEBプログラム at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB広告・SEM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。